本文へスキップ

北海道ポーランド文化協会公式ホームページ



Hokkaido-Poland Cultural Association Official Web Site



北海道ポーランド文化協会は北海道とポーランドのあいだの文化交流の促進を目的にし、文学・歴史・美術・映画・音楽などポーランドの文化を幅広く愛する民間団体です。

協会紹介冊子2017.10
協会の30年(スライドショー)2017.10


イベント情報 (どなたでもご参加いただけます)


(参考)ユダヤ人300名を動物園に匿い, その命を救った勇気ある女性の感動の実話『ユダヤ人を救った動物園〜アントニーナが愛した命』2017 監督ニキ・カーロ, 主演ジェシカ・チャステイン, コルチャック先生も登場! シアターキノ, 2017年12月15日 (金) 〜2018年1月25日 (木)


(参考)詩の朗読のひととき、さっぽろ自由学校「遊」:愛生舘ビル5F 501、(1) 長屋のり子(本会会員)、2017年11月25日(土)、吟遊記2017/12/02、(2) 嘉藤師穂子、森れい:土橋芳美著『痛みのペンリウク』から、2018年1月27日(土)14:00〜16:00、参加費:各回1,000円

(協力)さっぽろ雪まつり第45回国際雪像コンクール昨年と同じカトヴィツェ美術大学 ASP Katowice のコツランガ教授をリーダーとするチーム Snow Art Poland が参加します。応援・激励よろしくお願いします。大通会場11丁目国際広場、2018年2月4日(日)〜8日(木)
Team Snow Art Poland, 2017.2

(参考)♫札幌コンサートホール:オルガンウィンターコンサート、出演:マルタン・グレゴリウス、札幌コンサートホールKitara大ホール、2018年2月4日(日)15:30〜16:15(15:00開場)、料金(全席自由)500円 / 16:40〜パイプオルガンまるわかり!バックステージツアー、定員30名(募集終了)、マルタンさんがオルガンの仕組みやKitaraのオルガンの魅力などについてお話します。


◎〈後援〉♫ NPO法人まずるか北海道第7回東日本大震災被災者支援コンサート:私たちは忘れない!、プログラム/ショパン:バレエ「レ・シルフィード」より ほか、ピアノ:遠藤郁子、バレエ:郷翠、光塩学園koen天秘ホール、2018年3月10日 (土) 14:46〜、参加費4,000円、ご予約・お問合わせ:オフィス・ワン


●〈パネル展示〉コルチャック先生の思想と生涯〜子どもをいかに愛するか、会場:札幌エルプラザ2F交流広場、日時:2018年3月16日(金)〜24日(土)8:45〜22:00(日・祝〜20:00)
●《第82回例会》コルチャック先生:講演と映画の集い
会場:札幌エルプラザ4F大研修室、日時:2018年3月24日(土)13:30〜16:50
講演:コルチャック先生の思想と生涯〜子どもをいかに愛するか、講師:塚本智宏(東海大学教授)
映画:『コルチャック先生』1990 アンジェイ・ワイダ監督    [いずれも入場無料・予約不要]
お問合せ:電話 090-2695-3880(小林)、メール hokkaidopolandca@gmail.com
Janusz Korczak (Wikimedia Commons)

●《第83回例会》朗読会「午後のポエジア」8、日時:2018年5月下旬

●♪《創立30周年記念コンサート》
会場:札幌コンサートホールKitara小ホール、 日時:2018年6月23日(土)17:00開演予定
出演予定/お話:三浦洋、ピアノ:安藤むつみ、國谷聖香、徳田貴子、川本彰子、水田香、西村範子、坂田朋優、田口綾子、川染雅嗣、本田真紀子、名取百合子、高島真知子、(伴奏)黒田佳奈子、高橋健一郎、声楽:高橋可奈子、松井亜樹

●《第84回例会》ブロニスワフ・ピウスツキ没後百年記念講演会、講師:井上紘一(北海道大学名誉教授)、2018年7月

(参考)第4回国際ブロニスワフ・ピウスツキ・シンポジウム:没後百年記念〜祖国の独立を目指して、クラクフ・日本美術技術マンガ博物館 2018年10月18日(木)〜19日(金)/ ジョーリ市立博物館 10月20日(土)- 4th International Bronisław Piłsudski Conference, Kraków - Żory, 2018.10.18-20 (4IBPC 1st circular)

           (以下のイベントは終了しました)


   活動記録 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年

2017年


◎〈後援〉♫札幌コンサートホール開館20周年記念:オルガンガラコンサート、出演:初代専属オルガニスト パスカル・マルソー、第2代 イヴ・ラファルグ、第19代 マルタン・グレゴリウス札幌コンサートホールKitara大ホール、2017年12月9日(土)15:00〜、仲良く練習中 (2017/12/07)、元英語教師の…クラシック評論2017/12/09 / スペシャルトークイベント歴代専属オルガニスト夢の対談、札幌コンサートホール 大リハーサル室、2017年12月8日(金)18:30〜19:30、定員50名


○ポーランド広報文化センター「忘年会」(大使館ホール、2017年12月5日 (火))で、来年1月に離任されるブワシチャック所長の退任のご挨拶がありました。本会からは霜田英麿東京事務所長が出席し4年間にわたる計り知れないご厚誼に深く感謝申し上げました。
ブワシチャック所長, センター元職員栗原美穂さん, 霜田英麿 (写真提供)

◎〈後援〉♫徳田貴子 (本会会員) ピアノリサイタルザ・ルーテルホール、2017年11月20日 (月) 19:00〜、曲目/バツェヴィチ:ピアノソナタ第2番、ワイルド / ガーシュイン:私の愛しい人、エンブレイサブル・ユー、ショパン:マズルカ op.59-2、舟歌 op.60ほか、後援:道銀文化財団ほか


第31回定例総会創立30周年祝賀会ニューオオタニイン札幌、2017年10月21日(土)11:00〜総会、12:00〜14:00祝賀会、ピアノ:坂田朋優、サキソフォンとピアノ:リリアナ・コヴァルスカ、ギターと歌:バルバラ数井と仲間たち、口琴ムックリ:阿部和厚北大名誉教授、協会の30年(スライドショー)、photo album2017総会・祝賀会ポーランド大使館ポーランド広報文化センター、吟遊記2017/10/29阿部和厚の口琴の世界(さいとうギャラリー、2012.5.1-6)

(左:2列目)長屋のり子, 坂田朋優, 霜田千代麿, Martin Gregorius, 安藤厚, 遠藤郁子, 阿部和厚, 富山信夫(中)『ドンブロフスキのマズルカ』(右)阿部和厚のみなさん(写真 松山敏)

◎〈後援〉♫第19代札幌コンサートホール専属オルガニスト(2017.9〜2018.8)マルタン・グレゴリウスMartin Gregorius、1991年ポーランド生まれ)デビューリサイタル札幌コンサートホールKitara大ホール、2017年10月7日(土)14:00〜15:30、マルタンさん来札(2017/08/30)、元英語教師の…クラシック評論2017/10/07
(右)マルタンさんと安藤会長夫妻
(中)©Bertrand Pichene

●《第81回例会》イェジー・カヴァレロヴィチ監督の世界、札幌エルプラザ、2017年7月17日(月・祝)13:00〜17:00『夜行列車』1959、『尼僧ヨアンナ』1961、作品について意見交換
司会:佐藤晃一(写真 松山敏)

◎〈後援〉北大祭2017 ポーランド料理テント"Polski Namiot"、北大総合博物館前、2017年6月2日(金)〜4日(日)、主催:北大ポーランド人留学生会、協賛:ポーランド広報文化センター
(写真 松山敏)

   活動記録 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年



会員消息?

下記の会員の消息をご存知でしたら事務局へお知らせください。

住所変更は事務局にご一報ください。

●『創立25周年記念誌』が完成しました

 A4判・110ページ・2015年8月25日発行。創立15周年記念誌につづき、会誌POLEにより最近10年の活動を回顧し、協会の歴史と多彩なポーランド情報が満載です。
 目次:1.協会の歩み、2.音楽、3.映画、4.交流の歴史から、5.北海道とポーランド、6.さまざまなエッセイ、会誌POLE第54〜83号目次、協会活動年表2004〜2014年
 お申し込みは事務局へ。

北海道ポーランド文化協会

〒060-0018
札幌市中央区北18条西15丁目3-19 安藤方
電話・FAX 011-556-8834

北海道ポーランド文化協会 東京事務所

〒107-0052
東京都港区赤坂9-6-29-309
音響計画 霜田気付
電話 03-6804-1058、FAX 03-6804-6058