本文へスキップ

北海道ポーランド文化協会公式ホームページ



Towarzystwo Miłośników Kultury Polskiej na Hokkaido Hokkaido-Poland Cultural Association Official Website



北海道ポーランド文化協会は北海道とポーランドのあいだの文化交流を促進することを目的にし、文学・歴史・美術・映画・音楽などポーランドの文化を幅広く愛する民間団体です。

協会紹介冊子2018/8/10
協会の30年(スライド)2017/10/21

活動記録 2020; 2019; 2018; 2017; 2016; 2015; 2014; 2013; 2012

イベント情報 (どなたでもご参加いただけます)


2021年


・〈オンライン講座〉CEMiPoS 環境とマイノリティ政策研究センター×アマレヤ劇団 Amareya Theatre & Guests「女性の声:アートとアクティビズム Women's voices: art and activism」から, 主催:さっぽろ自由学校「遊」2021.5.7; 6.4; 7.2; 8.6; 9.3(金)19:00~21:00, 詳細と申込み

           (以下のイベントは終了しました)


♫ポーランド国立民族合唱舞踊団「シロンスク」Zespół Śląsk オンライン弦楽四重奏コンサート、2021/1/23facebook解説「シロンスク」舞踊団には優れたアーティストから成るオーケストラがあり、小編成のコンサートも行っています。今回はヴォイチェフ・キラル、エンニオ・モリコーネ、ミハウ・ローレンツなど有名作曲家の映画音楽をお楽しみください。

・2020アカデミー賞国際映画賞ノミネート『聖なる犯罪者2019 ヤン・コマサ監督、シアターキノ、2021.2.13-3.12、キリスト新聞

○北海道千歳高校放送局テレビ番組『ロウ管は語る』2021/2/8、CBS 2020/10/9; 11/20、ポーランド広報文化センター

・アマレヤ劇団 Amareya Theatre & Guests 主催オンライン D講演「中欧の作家と東洋的世界観のめぐりあい〜オルガ・トカルチュク作品の翻訳より」小椋彩、2021.1.23

2020年



・アマレヤ劇団 Amareya Theatre & Guests ほか主催オンラインイベント
@〈後援〉パネルディスカッション「アイヌ民族とポーランド人〜ブロニスワフ・ピウスツキは現代ポーランドと日本に何を遺したか The Ainu people meet the Poles. The legacy of Bronisław Piłsudski in contemporary Poland and Japan」2020.12.18
A同「女性の声〜ポーランド、日本、スカンジナビアにおけるアートとアクティビズム Women's voices: art and activism in Poland, Japan and Scandinavia」12.19
B♫マルチメディアスペクタクル「家−逃亡−家 Dom-Bieg-Dom」初演、オルガ・トカルチュクの小説に着想を得た日本・ポーランド共同制作作品、12.29-30
Cクッキング&リーディングパフォーマンスセッション「料理人の声 The Voices of the Cooks」ポーランドと日本の女性たちが自宅台所から語りあい、ノラ・シュチェパンスカ作「女料理人」(戯曲集『女性であること』アガタ・ハウプニク編 2019に収録)第3幕を二カ国語で朗読、12.30

〈後援〉♫徳田貴子ピアノリサイタル幻想曲の夕べ札幌公演 2020.12.6恵庭公演 11.15blog ※徳田貴子さんに第30回道銀芸術文化奨励賞 12/3

第7回新千歳空港国際アニメーション映画祭, 空港ターミナルビル 2020. 11.20-23, 一部オンライン配信 11.20-30, ポーランド|アワード/長編 審査員特別賞: Kill It and Leave This Town 2020 Mariusz Wilczynski|ノミネート/短編 インターナショナル: Last Supper 2019 Piotr Dumała, ファミリー: The Treflik Family - DIY 2020 Marek Skrobecki, ミュージックアニメーション: MÓZG Injectors feat. Fred Frith "Sylvan Trail (Part 1)" 2020 Karolina Głusiec

《第34回定例総会》& ♫ポーランド国立民族合唱舞踊団シロンスク」Zespół Śląskオンライン公演 (ラファウ・ジェプカ; 遠藤郁子; 村田譲) 動画鑑賞会, 札幌エルプラザ4F大研修室 2020年11月21日(土)13:30~総会, 15:00~@「シロンスク」より:現代舞踊『Exodus/エクソドゥス』&民族舞踊ワークショップ (ポロネーズ Polonez; クラコヴィアク Krakowiak; トロヤク Trojak) premiera
A札幌より, album, 協力:ポーランド広報文化センター; 人道の港敦賀ムゼウム 11.3; シアターX (カイ) 11.9; 日本・ポーランド民族舞踊友好協会 11.29; Polish Art & Science Mission in Japan 同日ほか, 東京新聞; 朝日新聞, blog 12/6; 12/12 ※コロナ下の応援メッセージ; ♫カロリンカ ※『未来に伝えたい100年前のニッポン人〜ポーランド孤児救出の軌跡』前編&後編, siberianchildren.pl

〈後援〉♫華衣会はなごろもカイエ第参會木村雅信楽曲によるリメイクドレスショーコンサートSCARTSコート 2020.10.22、youtube、衣装モデルにポーランド女性3人出演=写真=ズザンナ Zuzanna, バルバラ Barbara, アグニェシュカ Agnieszka

〈後援〉♫川染雅嗣ピアノリサイタルinアルテピアッツァ美唄 Vol.II〜ベートーヴェン生誕250年・ショパン生誕210年、連弾客演:栃原享子、2020.9.13


第95回例会》平取町立二風谷アイヌ文化博物館第25回特別展「1903年夏の平取〜B・ピウスツキたちの短期調査より」○移動展in札幌(新井藤子; 先川信一郎)札幌エルプラザ、共催:ポーランド広報文化センター @〈パネル展〉2020年7月18日(土)〜26日(日)2F交流広場
A〈講演会〉7.18 4F研修室3「ブロニスワフ・ピウスツキってどんな人?」新井藤子「移動展in札幌の見どころ」長田佳宏、カムイユカラ(神謡)「カケスとカラス」披露:貝澤ユリ子
B〈上映会&座談会〉7.24 4F大研修室AB ドキュメンタリー映画『ピウスツキ・ブロニスワフ〜流刑囚、民族学者、英雄』2016 W・チェホフスキ監督 & 座談会「ブロニスワフ・ピウスツキ人物伝〜史実とフィクションが伝えること」司会:新井藤子、発言:井上紘一ほか ○千徳太郎治の生涯:本田和義

・キスリング展〜エコール・ド・パリの巨匠、道立近代美術館 2020.5.26-6.28、blog 6/1; 5/15

○ウイルスに負けない第6回ウッジ市日本語スピーチ大会 ポーランド語部門 2020.6.8-14:吉田勝一

・ブロニスワフ・ピウスツキ102年忌ウポポイ(民族共生象徴空間)National Ainu Museum & Park のピウスツキ像前で♫アイヌ古式舞踊を奉納、オンカミ(拝礼)のあと「鶴の踊り」と「刀の踊り」を披露 2020.5.15(写真左2枚 提供 野本正博)
・ウポポイ開業 7.12、記念式典 7.11、blog ○ピウスツキ像の再披露(右写真 尾形芳秀 7/30)

活動記録 2020; 2019; 2018; 2017; 2016; 2015; 2014; 2013; 2012


会員消息?

住所変更は事務局にご一報ください。

『創立25周年記念誌』が完成しました

 A4判・110ページ・2015年8月25日発行。創立15周年記念誌につづき、会誌POLEにより最近10年の活動を回顧し、協会の歴史と多彩なポーランド情報が満載です。
 目次:1.協会の歩み、2.音楽、3.映画、4.交流の歴史から、5.北海道とポーランド、6.さまざまなエッセイ、会誌POLE第54〜83号目次、協会活動年表2004〜2014年
 お申し込みは事務局へ。

北海道ポーランド文化協会

〒060-0018
札幌市中央区北18条西15丁目3-19 安藤方
電話・FAX 011-556-8834

北海道ポーランド文化協会 東京事務所

〒107-0052
東京都港区赤坂9-6-29-309
音響計画 霜田気付
電話 03-6804-1058、FAX 03-6804-6058

サイト内検索